半導体、MEMSなどマイクロデバイスの多品種少量生産を可能とする革新的な産業システム

MINIMALについて/About

一般社団法人 ミニマルファブ推進機構
MINIMAL(Minimal Fab General Incorporated Association)は、
半導体、MEMSなどマイクロデバイスの多品種少量生産を可能とする革新的な
産業システム(ミニマルファブ)の発展と普及を支援する世界唯一の団体です。

各種装置メーカー、材料、部品、デバイスユーザなど多様な業種が連携し、研究開発やイノベーションを推進するプラットホームとして貢献することをめざしています。
これまで「ミニマルファブ構想」の推進母体となった産総研コンソーシアム・ファブシステム研究会会員と、国家プロジェクト(平成24年~平成26年)として技術開発を担ったミニマルファブ技術研究組合が当初の目標を達成したことにより平成29年3月に解散し当機構に統合され業界を挙げて、「ミニマルファブ」普及のための諸活動に取り組んで参ります。